2018/01/24 01:46

NHK BSプレミア「イッピン」の放送を終えて。
.
たくさんの反響をいただき大変ありがたく思っております。
番組のほうでは主に「パン切り台」をとりあげて頂きました。
マイクロスコープで撮影している所には、正直、驚きました。
僕自身、今回の撮影で勉強させていただく事がと多くとてもよい経験を
させていただいたと思っております。
.
わたなべ木工芸のヒット商品には「パン切り台」「パン皿」の2つがあります。
これは、どちらも、もやい工藝 故・久野恵一様のプロデュースで制作した物になります。
久野様が雑誌「暮らしの手帳」でパン皿を「わたなべ木工のパン皿」として紹介していただいて
からわたなべ木工芸の在り方が変わったと思っております。心より感謝しております。
なので、お手数ではございますが、「パン皿」「パン切り台」はもやい工藝様・オンラインショップ「moyais」様
のほうからお買い求め頂きたいと思っております。
.
「パン皿」「パン切り台」。
これはどちらも白木(無塗装で木を削ったままの状態)です。
.
そして、実は わたなべ木工芸 の特徴っていうのが
「漆塗りもできる!」って事なんです。
実は、木を削って、漆塗りもできる工房って全国的に見てもとても少ないんです。
木地師は漆塗りはできない。
塗師は木地を作れない。
これは当たり前の事なんです。
漆器って元々、分業のものだからって言えばそれまでなんですが、
なぜなのかって自分なりに考えた答えが
「技術が難しくて、作業工程が多すぎるから」
です。
木地は刃物作りから。
漆塗りは気温・湿度によって仕上がりが違う。
数字にできない感覚的な要素もどちらもとても多いです。
わたなべ木工芸はもともと木地師なので木を削るのはわかる。
でも、漆塗りは手探りでやってる事も多いです。
例えば、
今回紹介された
「タンブラー」の内側の白漆です。
漆はもともと茶色なので白を作るのは大変難しいです。
それでも、お茶を美味しく飲むには絶対に白がいい!
トライ&エラーを繰り返してやっと製品化できたのが
今のタンブラーなのです。
木の良さを活かし、丈夫なものを適正価格で!

欅の「タンブラー」

じつはものすごいおすすめ商品です!!
ぜひ、よろしくお願い致します。
では~☆彡





  • Home
  • About
  • Blog