2020/01/27 00:43

<バレンタインを本気で楽しむ為のたった一つの方法>
バレンタインが近づいてきました。
好きですか?
バレンタインって。
物を売るお仕事をしてる僕が言う事では
ないと思うんですが、
僕は正直バレンタインってあんまり好きじゃないかな。
理由は簡単で
青春時代に全然モテてないからですよ!!
もうね、
バレンタインとクリスマスには
「バルス」(←ラピュタに破滅の呪文ね!)
を唱える事が習慣化されていました。
そんな僕なんですが、
バレンタインを憂鬱にしている戦犯はわかってるんです。
その犯人をやっつけてしまうのが
今回のお題である
”バレンタインを本気で楽しむ為のたった一つの方法”
になります。
では、早速,
名探偵コナンが犯人を暴くシーン風に
説明したいと思います。
渡辺   「みんなをうまく騙しても、
      真実はいつも1つ!
      犯人はお前だ!義理チョコ!!」

義理チョコ「!?」

服部   「せやかて渡辺、
      義理チョコはもてない男子の
      唯一の希望なんやないんか?」

渡辺   「バーロー、
      義理チョコがみんな同じだと
      思ってたら大間違いさ。
      義理の中でもランクがあって
      隣のアイツよりも俺の方が
      しょぼいチョコって事もあんだよ!
      それを選ぶ女子も
      けっこう憂鬱だったりもする。
      女子が好きな男子に
      キュンキュンする為の日に
      憂鬱にさせてしまうなんて
      もってのほかだ!
      義理チョコが持ってくるのは
      希望なんかではなく、絶望って事さ。
      つまり、
 
      ”義理チョコをやめる”

      これが
      バレンタインを本気で楽しむ為の
      唯一の方法なわけだ!!」

義理チョコ「すいませんでしたー」orz

服部   「アホ!!
      そんなわけあるかい!!
      いつも頬を赤らめながら
      恥ずかしそうに
      チョコをくれる女子たちが
      そんな気持ちやったなんて、
      オレは信じひんぞ!!」

渡辺   「・・・それは、本命かもね。」orz

      

駄文失礼しました。
つまり何が言いたいのかって事なんですが、
義理チョコやめて
本命を贈ろうよ!って事です。
その時には、僕の作ってるボールペンもけっこう良いよって!
名入れできるし!
それに、なんと、
バレンタイン用のラベル(上の写真のラベル)も準備しました!!
備考欄に「バレンタイン用」って書いて頂ければ
バレンタイン用にギフト包装して
対応させていただきます。
よろしくお願いいたします。





  • Home
  • About
  • Blog