2020/04/02 22:01

<かきやま王子がやってきた!>
富山県の僕の住んでいる地域ではお米を使って作るおせんべいを
「かきやま」と呼んでいます。
みんなこの言葉が方言だと気付くのが18才になって地元を離れた時。
新しい友  「富山の名産ってなに?」
自分    「魚も美味しいけど、かきやまかな~。」
新しい友  「??」
自分    「??」
変な空気が流れた事が何度かあります。
そりゃ、そうだ。
子供の時から何の疑いもなくかきやまをかきやまとしてしてポリポリ食べてきたのだから。
ウチの息子もポテチを食べたいと言った事はないが、
「しろえびせんべい」を食わせろと気が狂ったように言っている時期がありました。
「しろえびせんべい」を食べながら、
ケロポンズのエビカニクスで踊っちゃうのが至福の時なのだろう。
知らんけど。
そんな感じで地元で馴染みがあって賑わっているのが、かきやま業界なのですが、
そこの王子的な存在が写真の彼です。
先日の僕のインスタの「僕クビ」の投稿を見てボルトもビックリのスピード感で駆けつけてくれました。
神かな。
王子  「わたなべさん、今度都会のほうにお店出すんですけど、地元の物をディスプレイして地元を盛り上げたいんですよ!」
わたなべ「そうなんですか。(神かな)」
王子  「そこで、わたなべさんの物も使わせていただきます。」
わたなべ「ありがとうございます。(神だな)」
わたなべ 「インスタに写真使いたいんで、かきやま持ってもらって写真撮っていいですか?おもしろ、おかしく書いていいですか?(神ですか?)」
王子  「もちろんいいですよ!犯罪者みたいに載せちゃってください!アハハ」
わたなべ「いやいや…(あんた控え目に言って神だよ!後光がまぶしいぜ!!)」
って感じでいろいろとご購入いただきました。
ほんとは、もっといろんな事書けたら良かったんですけど、
普通に感動しちゃって。
こんな時だからこそ人の優しさを感じれる。
自分も優しい人間になりたいと心から思ったわけです。
王子(神)の会社は「日の出屋製菓」さんです。
「ささら屋」さんとして全国に直営店があります。
そこの「しろえびせんべい」は、地元の人間には本物の白エビよりもソウルフードとして愛されています。
しばらくは僕の持って行く手土産は「しろえびせんべい」に
なる事をご理解いただけますと幸いです。
写真のやつは「しろえび小判」だった!これも美味しいよ!
では、また☆彡






  • Home
  • About
  • Blog