2020/08/20 15:49

<我が家で使ってるお椀を集めてみました>
昨日、ウチでは漆器をガシガシ使うよーって
書きました。
では、実際、そんなふうに使っていくと
器たちはどーなっていくの?
ってなわけで、
ウチで10年以上使われている器たちを集めてみました。
もともとツヤのでない仕上げにしていますが、
使っていくうちにツヤが出てきています。
ちょっと鏡面っぽく反射してる感じになりました。
お椀の内側のほうを見ていただくとわかりやすいです。
漆が透けて木目がはじめの頃よりもはっきり見える。
これも、使用していくにつれて現れる経年変化になります。
10年以上使っているので使用感はあります。
その使用感がまた味わいがあってよい。
一言で表すなら、
「いとをかし」(とても趣が深い)
と言った感じです。
自分の持ってる語彙力を最大限に使って表現したので
褒めてください。
褒めてください。
こんな感じで我が家では、
10年以上使われている漆器がいっぱいあります。
自己満足の世界になってしまうかもしれませんが、
愛着が湧いています。
革製品とかデニムとかも変化を楽しむように
漆器も変化を楽しめる。
いとをかし。
マジ卍。
では、また〜⭐︎


  • Home
  • About
  • Blog