2019/05/06 00:15


<お椀の高さを5㎜高くすると内容量が100ml増えました>
皆さん、ゴールデンウィークはいかがお過ごしですか?
僕は、お休みのテンションでのんびりと
やりたかったお仕事をこなしていました。
そのやりたかったお仕事の一つに
この「お椀」をホームページにアップするってお仕事が
あったわけです。
その名も「深椀」。
ちょっとだけ高さが高くなって深さのあるお椀です。
直径はほかのお椀と同じで約12㎝になっているので、
見た目には大きな違いはありません。
しかし、その差はとても大きいのです。
水を適量入れてみました。

左が「布着せ汁椀」
右が今回ご紹介させていただく「深椀」です。
この写真でもパッと見た感じは全然変わりないのだけれど、
左で約250ml。
右で約350ml入っています。
お味噌汁の一杯に使われるお水の量が約160mlらしいので
左の内容量でも全然問題はありません。
でも、具沢山のお味噌汁や豚汁、
お雑煮やお茶漬け、
多めに召し上がりたい方などには
この右の「深椀」は使っていてとても
気持ちがいいのです。
大は小を兼ねると言いますし、
この大きさがあれば汁物を盛り付ける時に
大きさで困る事は無いのかなーって思うわけです。
そして、嬉しいのが
材料も塗りも他のお椀と同じだけの工程をしていて、
見た目がそれほど変わらずにたくさん入るというメリットが
ありながらお値段が他のお椀と同じなのです。
お値段が同じって事にも理由があって、
「深椀」用の材料ってあまりとってなくて、
たまたま少し高さがある材料が取れたら
作るって感じで今はやっています。
なので、数に限りはありますが、
隠れた人気商品になっています。
この機会にいかがですか。
では、また~☆彡



  • Home
  • About
  • Blog