2019/07/26 00:28

<木のボールペン”Penman”シリーズはじめます!>

ハンドメイドっていうジャンルが
気になって、気になってしょうがなくなって
「さがしもの日和」をつくりました。
そこで、細々と木のボールペンを作っていく
予定だったのだけれど、
雑誌Taktに掲載していただいた反響が思っていたよりも大きく、
おかげ様でたくさんのお問い合わせやご注文をいただきました。
ありがとうございます。
そして、そのボールペンを作る事に
かなり時間を使う事になっているので
細々っていうのも難しくなっています。
なので、わたなべ木工芸のオンラインショップでも
木のボールペン
「Penman」
として取り扱う事にしました。
もったいないの気持ちから生まれたボールペン
漆器を作る為にはまず、木を削って木地を
作ります。
わたなべ木工芸は元々その木地を作る工房でした。
20年ほど前までの木地師の仕事は
いつどんな材料が必要になるのかがわからないので
大量に材料を準備してストックして
おいたようです。
それから、仕事のやり方が変わり、
自社工房で漆塗りもはじめました。
そうする事によって
大量に木地だけを作る事がなくなり
材料の消費量が減りました。
そして今は、
何年も使われる事なく保管されている
木がたくさんある状態になってしまっています。
1年くらい前から材料置き場の整理を
真剣に取り組んでいるのですが、
そこで良い物だから勿体なくて使われていない物や、
小さな端材になっても勿体なくて保管してあるものが
たくさんある事に気付きました。
この「Penman」は
その貴重な材料を使ってボールペン作りをしています。
元々、ボールペン用に準備したものではないので
材質、木目、色など
良い部分で厳選して木取りします。
細かい木目だったり、
それぞれの材料特有の良い色が
でてる部分だったり。
ここで、ボールペンの大きさもとれなくなった材料が
薪となり冬のストーブの燃料として
最後まで有効活用されるわけです。
今の所はこのサイクルでやっていますので
数に限りがある物もございます。
どうかご了承ください。
それでは、
木のボールペン「penman」シリーズ
をどうぞよろしくお願いいたします。
下記のお店でもお取り扱いいただいております。
ぜひ、お立ちよりの際は
ご覧いただけますと幸いです。
お取り扱い店舗
庄川ウッドぷらざ
ヨッテカーレ城端


  • Home
  • About
  • Blog